ブる、散歩。

~幸せに生きるための優しいブログ~

願い

歩みを止め、水辺のベンチに腰掛ける。

岩の上に立ち、獲物を狙うアオサギ。

草刈り機のガソリンタンクを運ぶ老人。

向こう岸を眺めながら自転車で駆ける青年。

絶え間なく吹く風に揺れる柳の葉。

打ち寄せる波、行き交う車、雲に隠れる太陽。

私は今、何を願おう。空はどこまでも続くというのに。
 
関連記事
スポンサーサイト
別窓 | つぶやき詩 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

人生は何度でもやり直せる

人生は、死を意識したときが、本当の始まりだ。

とある男性が、一人の女性を救うために放った言葉です。

生きたいと願っても、生きられなくなるときは、必ず来ます。

ですが、生きている限りは、人生は何度でもやり直せるのです。

あなたの、勇気、選択、希望の一つ一つが、未来を造るのです。

立ち上がるのは、いつだって大丈夫。好きなタイミングで。

自分を強く信じることで、幸せな未来へと繋がっていくことでしょう。
 
関連記事
別窓 | 幸せに生きる | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

城崎温泉 七つの外湯めぐり

兵庫県豊岡市にある、城崎温泉へ行ってきました。

日本の温泉ランキングでも常に上位に入るほど有名な温泉ですね。

旅館で浴衣と下駄に着替え、青空のもと、さっそく温泉街へと歩きました。

IMG_0733_R.jpg

一つ目は、柳湯。最も小さく、湯船も一つですが、とても落着きのある温泉です。

お湯の温度は少し高めで、旅の疲れを一瞬で吹き飛ばしてくれることでしょう。

先ほど別のお風呂で会いましたかと勘違いされ、微笑ましい出来事も起こりました。

IMG_0734_R.jpg

二つ目は、一の湯。自然岩を利用した洞窟風呂があり、味わいのある温泉です。

ここでも、地元客に話しかけられました。城崎の話を少々。旅行の醍醐味ですね。

IMG_0738_R.jpg

三つ目は、御所の湯。流れ落ちる滝を目前に眺められる露天風呂が最大の魅力。

浴室は天井までガラス張りで日の光が差し込み、自然も感じられ解放感が抜群です。

中でも新しく、美人の湯との云われもあるため、女性に特に人気のある温泉だとか。

IMG_0741_R.jpg

四つ目は、鴻の湯。コウノトリが足の傷をいやしたと云われる、歴史ある温泉。

温泉街から少し離れた場所にあり、露天風呂では裏山の自然と静けさを満喫できます。

温泉好きとはいえ、のぼせてきたようです。風呂上りに、瓶のフルーツジュースを一杯。

IMG_0742_R.jpg

五つ目は、まんだら湯。一つだけ用意された檜の桶風呂が人気の温泉。

順番を待っていると、視線を察した若者が譲ってくれました。長湯は厳禁ですね。

IMG_0744_R.jpg

六つ目は、さとの湯。駅近くにあり、お風呂とサウナの種類が豊富な温泉。

屋上の露天風呂からは、澄んだ円山川と緑の山々が広がり、絶景が見渡せます。

ちなみに、各外湯を開店一番に訪れると、男女一名ずつ一番札なるものが貰えます。

IMG_0746_R.jpg

七つ目は、地蔵湯。玄武洞を彷彿させる六角形の窓と、家族風呂のある温泉。

大きな浴槽が一つとシンプルで、地元客にも愛され続けている温泉だそうです。

温泉を心行くまで楽しめました。皆さんも、城崎温泉、ぜひ一度訪れてみてください。
 
関連記事
別窓 | 散歩で発見 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

瞬間

また過ぎていく、今この瞬間が。

草原を吹き抜ける風のように。

呼び止めても、振り返ることはない。

青空に群れて舞う鳥たちのように。

大切に生きよう、今この瞬間を。

後戻りすることは出来ないのだから。

今を過ごせるのは、今だけなのだから。
 
関連記事
別窓 | つぶやき詩 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

良いところを見る

人は不思議なことに、人の悪い部分を見てしまいがちです。

場合によっては、それだけで人を判断することもあるかもしれません。

人との出会いは、幸せに生きる上で、欠かすことの出来ない大切なことです。

出会いの可能性を、先入観や勘違いで棒に振るっては、もったいない気がします。

誰にでも、悪い部分の一つや二つあるように、良い部分もたくさんあるはずです。

他の人が気付かなくても、あなたはそれに気付き、褒めてあげることも出来るのです。

お互いに良いところを見て認め合うことは、幸せへの一歩なのではないでしょうか。
 
関連記事
別窓 | 幸せに生きる | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
| ブる、散歩。 | NEXT