小学校教員への道 ~人生最初で最後の挑戦~

幸せになるための優しいブログ

ブログリニューアル

この度、ブログをリニューアルすることになりました。

『 小学校教員への道 ~人生最初で最後の挑戦~ 』

ブログの方針や記事の内容は、今のものは存続しますが、

それに加えて、教育関係の記事を増やしていく予定です。

今後も変わらず、思いや考えを発信していければと思います。

今までご訪問してくださった数少ない方々に感謝いたします。

そして、改めまして、どうぞこれからもよろしくお願いいたします。
 
関連記事
スポンサーサイト
別窓 | ご挨拶 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

完璧を目指さない

人生の中で、完璧な達成が望まれることは限られています。

8割でも成功したり、2割でも失敗でないことの方が多いです。

完璧でないと満足できず、それ以外を失敗と捉えてしまうときがあります。

90%でも、とても誇らしいことです。80%でも、十分に成功になり得るでしょう。

60%を目指せば、満足しつつもプレッシャーから逃れることが出来ます。

10%だったとしても、以前よりも着実に前に進めているはずなのです。

あなたの捉え方次第で、気持ちは楽になります。安心して次へ進みましょう。
 
関連記事
別窓 | 幸せに生きる | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

自分の人生を歩む

人生が上手くいかないと思ったとき、深呼吸をして、これを読んでください。
When you think you are going nowhere in life, take a deep breath and read this.

日本はある国より時間が2時間早く進みますが、その差が縮まることはありません。
Japan is 2 hours ahead of a country, but it doesn't make the country slow.

ある人は22歳で大学を卒業しましたが、良い仕事に就くまでに5年かかりました。
Someone graduated at the age of 22, but waisted 5 years before securing a good job.

ある人は25歳で社長になり50歳で死に、別の人は50歳で社長になり90歳まで生きました。
Someone became a CEO at 25 and died 50, while another became a CEO at 50 and lived to 90 years.

先を行くように見える人をねたんだり、遅れているように見える人をばかにしないでください。
Don't envy people seem to go ahead of you, and don't mock people seem to be behind you.

世界中の人々が自分自身の時間を生きています。人は人の、あなたはあなたの時間を。
Everyone in this world works based on their own time. They are in their time, and you are in yours.

安心してください。遅くも、早くもないのです。ありのままに、あなたの人生を歩んでください。
So, relax. You're not late, and you're not early. Just the way you are, please live in your own life.
 
関連記事
別窓 | 幸せに生きる | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

支え合って生きる

人はどうして、こうも弱くて脆いのでしょうか。

一人では、どんなに頑張っても生きていけません。

強く見える人でも、一人きりでいるのは寂しいはず。

だからこそ、人は互いに弱さを認め、支え合って生きるのでしょう。

自立して、大切なものを守るため、強くなることは逞しいことです。

何かに負けそうなとき、誰かに頼ることも、とても立派なことです。

支え、支えられて、周囲の人々の存在に感謝して生きたいものです。
 
関連記事
別窓 | 幸せに生きる | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

人生はやり直せる

人生は、死を意識したときが、本当の始まりだ。

ある男性が、一人の女性を救うために放った言葉です。

生きたいと願っても、生きられなくなるときは、必ず来ます。

ですが、生きている限りは、人生は何度でもやり直せるのです。

あなたの、勇気、選択、希望の一つ一つが、未来を造るのです。

立ち上がるのは、いつでも大丈夫。あなたのタイミングで。

自分を強く信じることが、幸せな未来への一歩となるでしょう。
 
関連記事
別窓 | 幸せに生きる | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
| 小学校教員への道 ~人生最初で最後の挑戦~ | NEXT